梅小路ポテル京都宿泊記③

梅小路ポテル宿泊記の最後は、大浴場のぽて湯とモーニングビュッフェについて書いていきます。

ぽて湯

梅小路銭湯ぽて湯は宿泊者は無料で利用できる大浴場です。ホテルとは別の棟にあり、宿泊者以外も利用できる銭湯になっていますが、20時以降は宿泊者専用になっています。銭湯のコンセプト通り、昔懐かしの木の札の下駄箱やタイル貼の浴室浴槽で、銭湯絵もかわいかったです。

サウナや小さい外湯もありました。サウナは15時から25時のみの利用でした。コロナ感染対策で、サウナ利用は一人のみとなっていましたので、安心して入ることができました。ぽて湯には夜22時くらいに利用したのですが、途中から一人貸切状態になり最高でした!お部屋のテレビで、事前に混雑状況を見ることができるので、必ずチェックして行くのがおすすめです。20時以降は、ホテル2階からの宿泊者専用通路を通っていきます。また、ぽて湯にはアメニティやタオルは無いので、部屋にあるタオルやシャンプーなどのバスアメニティを忘れず持参しましょう!Potelオリジナルバッグに入れて持っていきます♨️

2021年12月現在の利用時間は、

15:00~25:00 (最終入湯24:30)サウナ有り
6:00~10:00 (最終入湯9:30)サウナ無し

モーニングビュッフェ

期待のモーニングビュッフェは京都らしいおばんざいや、出汁茶漬け、西京焼きのお魚など、どれも美味しかったです。

お魚やベーコンは目の前で焼いてくれます。卵料理を目の前で調理してくれるところが多いですが、珍しいですね。

デザートは和菓子が充実していて、京都らしくていいですね。私の好物、とろっと系の杏仁豆腐もありました💗

ごぼうのお漬物が美味しかった〜!!←そこ??😅

7時半頃に行きましたが、混みすぎることもなく、快適にビュッフェを楽しめました。8時からは結構、人が増えてきました。モーニングの混雑状況もお部屋のテレビで確認できるので、行く前にチェックしましょう。

宿泊者は、小さい子供連れのファミリーや、年配の夫婦が多いように感じました。

宿泊の感想。まとめ

私が今回の宿泊で一番良かったと思うところは、フリードリンクです。フリードリンクのムレスナ紅茶が私的ヒットだったのと、ナッツの種類が豊富で、好物のスモークチーズもあったことがポイント高かったです。そしてそれをお部屋のバルコニーで、梅小路公園や行き交う電車、新幹線を見ながら楽しめたことが、すごく良かったです。今まで行ったことのある京都市内のホテルは街の中に建っているため、その分部屋からの眺望は良くないところが多かったので、ポテルは新鮮に感じました。京都駅からすぐ近くにあるのに、公園の中にあって、京都の自然を感じることができました。

また、あわいの間で何十年ぶりに卓球をしたのも、いい思い出です。ホテルで卓球台が置いてあるところは、最近は珍しいように思います。いい運動にもなりました。

京都の中心街からは少し離れてはいますが、京都の自然を感じながらゆったりとした時間を過ごせるいいホテルです。

ぜひポテルに泊まる際は、早くにチェックインして楽しみ尽くしてほしいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。